*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パパ・リッキー
少し前に「スタッフ・ベンダ・ビリリ」と言うバンドを知りました。

9月に来日大阪公演していた彼ら。
私の心のオカンが聴きに行き絶賛!
ならば私も行かねば♪

そして、映画「ベンダ・ビリリ」を観にいきました。

コンゴ民族音楽とキューバ音楽が混ぜ合わさったコンゴ大衆音楽
「コンゴリーズ・ルンバ」をベースに演奏する彼ら。
メンバー8人のうち、車椅子に乗る人が4人・松葉杖の人が1人。

コンゴではポリオにかかる人が多いこと。
ストリート・チルドレンが多いこと。
私は何も知りませんでした。

実は、歌詞のある曲が苦手です。
言葉の力が強すぎると感じてしまうからです。

でも、この映画を見て、いいなぁと思いました。
視野が広くて、深い愛を感じました。

・・・
言葉にしたらなんともチンプですね。
やから言葉は恐いのです。


今は頂き物の美味しいウィスキーを飲みながらのブログ更新。
平和ですなぁ♪

先日、とあるバーでトリスオジサン人形に出会いました。
私の部屋にもその人はいつもいます。
が、最近テレビに出ているオジサンは銃と葉巻は持っていないそうです。
知らなかった!!
これも時代の流れなのですねぇ。

  P1130084_convert_20101009042717.jpg

さてさて。
外は雨があがりましたね!
明日は軽い音合わせの後、地元の秋祭りに行こうと思います。
布団太鼓も市内を巡回するそうです。
タイミングが良ければ見れるのかと。。

金木犀も咲き始め、私は花粉症真っ只中!
皆様、平和な連休を~
Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
私も言葉の力が強すぎる曲は苦手みたいです。
メロディを表現するために歌詞があるような曲であればいいんですが、歌詞を表現するためにメロディがある曲は、歌詞で作られる世界観を再現するのは難しい。

実は今度の発表会に、ぜひ演奏してみたいと思ってた曲があったんですが、サックスでボーカルパートを演奏してみたところ、全く違う曲になってしまいました^^;
しばらく悩んだ挙句、違う曲を演奏することにしたんですが、いまだに未練たっぷり。

どう演奏したらあの世界を表現できるんだろうか、と来年の発表会に向けて野望の炎をメラメラ燃やしつつ、試行錯誤です。
Elijah さん
演奏したい曲とできる曲は違うんだ、と私も感じる時があります。
それが楽器の特性なのか、自分の未熟さのせいか。
そんな事を客観的に考えて色々試していきたい、と。
私はそう考えています。

目標があることは素敵ですね!
来年に向け、楽しんで頑張ってくださいませ~♪
プロフィール

五月エコ

Author:五月エコ
アコーディオンの繊細な音色と
場所を選ばずに演奏できることに魅せられ2007年にピアノから転向

三宅麻里・都丸智栄(ザッハトルテ)に師事

2011年11月より
コントラバス新井洋平と
「ウミネコ楽団」結成
オリジナル曲と各国のルーツ音楽を
Duoで演奏しています

地元伊丹市の音楽プロジェクト
「オトラク」(伊丹市文化振興財団)のディレクターも務める

お問い合わせなどはこちらまでお願いします
 ↓  
satsukieco☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
BLUE☆STAR
リンク
Un visiteu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。